有機野菜=完全無農薬ではない | DELISH みずから調べ、考え、行動する人へ

STUDY

    

有機野菜=完全無農薬ではない

2016.04.18  


スポンサーリンク


知ってました?
「有機野菜=完全無農薬ではない」と。。。

私も最初に知ったときは「えー!」と思いました。

日本では、農林水産省が定めている厳しい基準をクリアして、
「有機JAS認定」を受けたものだけが、公的に「有機」と表示することを認められているのですが、
実は、有機JASで使用が認められている農薬も31種類あります。

もし、これらの農薬を使用していても、「有機野菜」と表記できるのが現状なのだそう。

そしてそして、この「有機JAS認定」
認定をいただくために、毎年、ひっじょ〜〜〜に高い料金が発生するのです。
有機JAS認定の初年度の登録(検査料金、事務手数料、検査員の派遣料金、交通費など)に最低でも10万円の経費が発生。

初年度10万円〜、翌年より若干安くなるそうですが、びびびびびっくり!
まるで資格ビジネスのよう・・・

これ、農家さんのかなりの負担になりますよね。

「有機JAS」ていうあのシールを貼るためだけに・・・
(だから、このマークがある商品が一層高くなっちゃうのね)

そのため、有機JASの認定をせずに、個人で有機栽培をしている農家さんも沢山います。

デリッシュでは「有機JAS認定」にこだわりはありません。

むしろ、マークがなくたって完全無農薬・無化学肥料で土本来の力を引き出して作られた野菜を
ご理解ある消費者の方にご提供したいと考えています!

スポンサーリンク