ハロウィンより、十五夜じゃない? | DELISH 在来種・無農薬野菜の宅配サービス デリッシュ「オーガニック」を当たり前に!

BLOG

    

ハロウィンより、十五夜じゃない?

2017.10.04  


スポンサーリンク



※バターナッツと打木赤皮甘栗かぼちゃ

10月4日、今夜は十五夜ですね!

季節のうつろいと感謝の気持ちを感じられる日本の伝統行事って大好き。


十五夜も、七夕も、端午の節句も、桃の節句も、お正月も・・・

「自然・神様に感謝して祈る」がベースになっていて、「おかげ様の精神」と「自然への畏怖と愛」が日本人らしくて素敵だなぁと、昔のひとはすごいなぁと思います。


十五夜は何が何でも、後世に残してゆきたい行事のひとつ!!


私的にはハロウィンより盛り上がるべき十五夜と思うんだけどなぁ。笑


もともと月見の風習は中国から伝わったもので、奈良・平安時代には貴族たちによって月見の宴が催されていました。
やがてこの風習が庶民にも伝わり、秋の収穫物を供えて実りに感謝する行事「十五夜祭り」となったそうな。


そういえば、十五夜っていつも満月ってわけではないんですってね。

十五夜というと満月のイメージだけど、
月の満月になる周期に14日〜16日と振れ幅があるため、十五夜と満月は、1日前後ずれていることのほうが多く毎年変わるんですって。
(2017年の満月は10/6)




「十五夜」「月見団子」と「ススキ」の意味


昔は、月の満ち欠けにより月日を知り、農事を行いました。(ん~~これまたステキ)
十五夜の満月の夜は祭儀の行われる大切な節目でもあったようです。

月は風雅の対象だけでなく、信仰の対象でもあったのでお月見にお供えものをするんですね。

穀物の収穫に感謝し、米を粉にして丸めて作ったのが月見団子のはじまりだそう。


そしてススキをお供えする意味は。

本来ならば月の神様の依り代は稲穂となるのですが、この時期にはまだ稲穂が実る前……。
そこでこの稲穂にそっくりなススキを代わりとしてお供えしたのです。
またススキは切り口が鋭いことから魔除けになるとも考えられてきたそうです。

なるほどなぁ。本当に昔の人の感性には感心します。



さぁ~今晩は、張り切ってお団子を作ってみようと思います!
(前に作ったときはかた~くなって失敗したんだよなぁ。)


お団子をお供えして、お月さまからパワーをもらって元気で幸せでいられるように食べるぞう。

ステキな十五夜を★


追記: 今年もお団子は固く出来上がりましたw(でもみたらし餡は美味しかったからよし◎)



スポンサーリンク